2005年12月27日

『鳳雛チムタク(ぼんちゅちむたく)』季節のビビンバ定食(960円→672円)



■何があったんだ! ぼんちゅ!!


第1回来店の記事『チムタク定食』(1260円)
第2回来店の記事『チムタク丼』(945円→662円)【30%オフ】
第3回来店の記事『キムチチゲ』(960円→672円)【30%オフ】
第4回来店の記事『純・腐チゲ』(960円→672円)【30%オフ】
第5回来店の記事『タッケジャン定食』(1260円→882円)【30%オフ】


 今回も上司と一緒に『鳳雛チムタク(ぼんちゅちむたく)』へ。会社の休みが12月28日からなので、ぼんちゅ強化月間もそろそろ終わりだな。



店内


 今日は以前上司が食べていて美味そうだった『季節のビビンバ定食』(960円→672円)を。上司も、私が以前美味いと絶賛していた『キムチチゲ』(960円→672円)を注文した。



ビビンバ


 まずは私のビビンバから。いや〜相変わらず美味そうだなぁ〜。



カクテキ


 ビビンバの場合は、ナムルなどのおかずは付かず、カクテキとスープが付く。



0007.JPG


 同店のコチュジャンはレベルが高いと思う。テイクアウトしたいぐらいだ。



0008.JPG


 目玉焼きの下には、ひき肉が隠れている。



0009.JPG


 ご飯も大盛り無料なので、かなりのボリュームになる。672円なら安いと思える。しかし、960円だと、やはりキツいかなぁ。美味しいからちょくちょく食べたいものなのだが。



 さて、ここまではよかったのだが、上司の『キムチチゲ』がどうもおかしい。食べ始めると「う〜ん」と唸り、表情が曇る…。まずは写真を見て欲しい。



キムチチゲ


キムチチゲ2


 コチラがこの日、上司が食べた『キムチチゲ』。



P1020542.JPG


P1020543.JPG


 コチラが、以前に私が食べた『キムチチゲ』だ。……何というか、全然別物と言っても過言ではないほど、見た目が違うのだ。見比べてみると、よく分かると思う。具のボリュームにかなりの差がある。私が食べた時は、上にたっぷり野菜が乗っていたのに対し、今回のは、申し訳程度にペショペショの葉っぱが浮いているだけ。スープをすくってみると、豚肉などの量も少なかったりする。


 1番驚いたのは、味。ものスゴく酸っぱい。というか、酸っぱい味しかしない…。私も飲ませてもらったのだが、いやいや…私が前に食べた『キムチチゲ』は一体どこに行ってしまったの!? ダシがたっぷり出てて、コクがたっぷりだったあの味じゃない…。これだけ酸味が出ているというコトは、かなり古いキムチを使っているのだと思う。せめて炒めるかなんかして、酸味を飛ばせばイイのだろうに。ひと手間惜しんでるなぁ。完全に手を抜かれている気がする。



ナムル


 そしてナムルも変わってしまった。初期のころは本当に上品な味付けで、もやしも、ほうれん草も絶妙なみずみずしさとシャッキリ感があった。だが、今回のはペショペショ〜っと、しなしなになってしまっている。何だか水っぽい。そして、ゴマがふられていない。コレはよくないよなぁ。チェーン店なワケなんだし、きっとナムルにゴマをふるのは、マニュアルであるハズだ。そこで手を抜くというのはイカンよなぁ…。


 一体どうしてしまったのだろうか。調理人が変わったのか? う〜ん、調理場を覗いてみると、私が3回目ぐらいまで訪れた時にいたおばさんではないような気がする。別のおばさんが作っているように思える。人が変わったから、こうなったのだろうか? う〜む…。



 結局、上司は『キムチチゲ』をほとんど残してしまった。私がこのブログを始めて、9ヵ月くらい経ったのだろうか。これまで、かなりの軒数の韓国ランチを上司とともに食べてきたワケだが、上司が残す所を見たのは初めてである。


 たまたまマズかったのだろうか。しかし、何だか嫌な予感がする。大久保の韓国料理屋といえば、オープン当初は大判振る舞いで、量は多く、美味く、安く料理を提供して、儲かり始めると、途端にサービスが落ち、不味くなり、高くなる店が腐るほどあった。あまり考えたくないが…。



 とりあえず、近いうちにまた行って確かめてみよう。せっかく気に入ってた店なワケだし、ついこの前までは『キムチチゲ』は確かに美味かったのだ。しかしなぁ、味に大きなムラがあっちゃダメだろうよ。今回は色んな意味で残念だった。



●ランチメニュー●
チムタク
1羽 3480円
半羽 1980円

チムタク丼 945円
チムタク定食 1260円

純・腐チゲ定食 960円
味噌チゲ定食 960円
カルクッス定食 960円

タク(鶏)ケジャン定食 1260円
キムチチゲ定食 960円
季節のビビンバ定食 960円
ビビン麺定食 960円
すいとん定食 960円



●ディナーメニューの一部(参考までに)●
調査中



●お店DATA●
■住所/新宿区大久保2-7-2 ニューハイム共栄221号
■ランチタイム/11時30分〜14時30分
■営業時間/17時〜翌3時 11時30分〜翌3時(土・日・祝日)
■定休日/無休
■TEL/03-3205-6582

■公式HP/(http://www.bongchu.co.kr/
■『ぐるなび』店HP/(http://r.gnavi.co.jp/a609000/

posted by マサト at 00:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | ■店名/は〜ほ
この記事へのコメント
えぇ?そうなんですかっ?
私がスンドゥブチゲを食べたときは
酸っぱくはなかったけれども
具はそんなにてんこ盛りではありませんでした。
野菜はもやしがとにかくいっぱいで
豆腐が少なかった気がしましたね。
調理場にいたのはおばちゃんではなくて
茶短髪の兄ちゃんと女の子だけだったような・・・。
Posted by sumikae at 2005年12月27日 06:41
えっ。それは大変ですね。クレームは出さなかったのですか?
私もこのお店ではないですが、とある大久保のお店で
ぐにょっとしたカクテキを出されてギョッとした事があります。
もちろん、カクテキは全部残しました。
気持ちのいいアジュンマが対応してくれたので、言うに忍びなく、
クレームは出せなかったのですが・・・

キムチはどんどん味が変わっていくのは分かっているので、
味見するなり、ちゃんと注意して欲しいですよね。ナムルのゴマも然り。
手を抜かれている印象をお客さんに与えるなんて、とんでもないです。

この日のこと、ボンチュには知り合いが居ますので、聞いてみますね。
確かアジュンマはひとりしか居なかったはずですよ〜。
本当にどうしちゃったんでしょうね・・・(-_-;)
Posted by さゆり at 2006年01月01日 10:08
>>sumikaeさん
やはり調理場の人間は変わったようですね。
恐らく、それ以降かなり味が変わっているような
気がします。
それにしても、チェーン店で調理の人間が変わっただけなのに、
ここまで味がガタ落ちなのは珍しいなぁ…。

>>さゆりさん
ホールの女のコに帰り際、
「味変わった?」と聞いてみたのですが、
日本語が通じないようで、
あまり分かってもらえなかったようです。
コレもどうかと思うのですが…。

次のチムタク丼の記事にて、
私の中での味のレベルダウンが決定的なコトを
書いたのですが、
う〜ん…ちょっと残念だったなぁ。

その時も、一応店の女のコに
マズくなってるよと、伝えておきました。
Posted by マサト at 2006年01月01日 14:54
こんにちは☆
チムタクの知り合いにレベルダウンの件、よーく伝えておきました。

お店の女の子の件は、許して上げてくださいね。いくら日本に居るとはいえ、最初からみんな日本語ができるわけではないですし・・・こうやって接客しながら生の日本語を聞く事で、勉強していきたいっていう気持ちもあるようなんです。でも、お客様にいい印象を与えないならば、それも問題ですよね・・・
この件も伝えておきますね。

ご参考までに、このお店は、渋谷店との料理人の交流は全くないんです。ずっと同じ人達が作っているんです。だからこそ、味にバラつきがあるのは不思議でなりません。残念ですね(>_<)

時間が経つに連れて、味も落ち着いていくものかと思っていました。マサトさんのお話、とっても参考になりました。反省して、直してもらうようにしますね。
Posted by さゆり at 2006年01月02日 10:15
>>さゆりさん
色々ありがとうございます。
私の方で勝手なコトばかり言ってしまい、
何だか申し訳ないですね。

店員さんの日本語レベルの件も、
気持ちは分かるんですよね。
恐らく留学生だと思いますし、
日本語の勉強も始めたばかりなんだと思います。
ただ欲を言えば
割と有名所のチェーン店だから、
意思疎通にある程度問題の無い人を置いて欲しかったなぁと。

ちょっと厳しい意見なのかもしれないですが、
客は舞台裏を気にせず食べに来るものだと思い、
あえて記事で書かせていただきました。

料理人の交流はナシですか。
当初、調理場に入っていた女性は
どうしちゃったんでしょうね。
味のキープに関しては
大久保の韓国料理屋の課題だと思います。

コチラこそ、色々と参考になりました。
建設的なご意見、感謝いたします。
Posted by マサト at 2006年01月02日 14:58
マサト様
あけましておめでとうございます。
ご挨拶が遅くなりました。鳳雛チムタク代表の安と申します。いつもご利用頂いているのはいつもありがたく思っております。

さて、この前うちの店にいらっしゃった際、不愉快な思いをさせたことについてひと言お詫びしようと思ってます。27日のランチでの出来ことは、店の従業員に昨日聞いて分かりました。弁解になるかもしれませんが、うちの従業員がキムチチゲに使うキムチを賄い用のキムチとお客様に出すキムチを間違って出したらしく、大変失礼いたしました。今後、野菜の量も間違いないように指示しておきましたので、二度とああいう間違いないように従業人一同気をつけます。またいらっしゃるときを楽しみにしておりますので、今後もよろしくお願いします。失礼します。
Posted by 鳳雛チムタク 代表 at 2006年01月05日 01:59
>>安さん
はじめまして。
早速のコメント、そしてご回答、
ありがとうございます。
貴店のこれからのご活躍、
期待しております。

近いうち、また食べに伺います。
Posted by マサト at 2006年01月05日 12:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11072469

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。