2008年12月21日

『とん豚テジ(トントンテジ)』サムギョプサル、他【ディナー】



■恩人に感謝を込めて旨いサムギョプサルを


第1回来店の記事『とん豚テジ(トントンテジ)』カンナサムギョプサル、他【ディナー】


 12月15日(月)の話。唐突だが、今私が働いている会社、ここに入るキッカケを与えてくれた恩人的な人がいるワケで。その人は仕事の関係でこの会社の社長と知り合いになり、私を紹介してくれたというワケだ。

 そんなワケで、社長はよく「○○さん(恩人氏)に感謝の気持ちを込めて食事会をやろうよ」と言ってくれる。ハートフルな話だと思う。で、ちょくちょく大久保界隈でその恩人をお招きして食事会をやっているワケだ。

 で、もう12月というコトで、「忘年会をかねてそろそろやろうよ!」という提案が。こりゃいーですな!というワケで、今回は私的に超お気に入りのサムギョプサル屋『とん豚テジ(トントンテジ)』へ! 旨いけどなかなかお高い店だから、こういうタイミングでもないとね。



外観


 いやぁ、久しく行ってなかったからなぁ。なんか懐かしい気分。外観、ちょっとパワーアップした? 最近はノリにノッてるのか、六本木ら辺に支店を出したそうな。気になってホームページを見てみると、おおっ、浦和や本郷にも支店あるの!? スゲー。本郷ってのもまたオツでいーですな。

 というワケで、現地で待ち合わせ。早速合流し、店内へ。「ラーシャイセーッ!」と相変わらずのデカ声挨拶。徹底させてるんでしょうな。こういうテンションを店員に維持させるのって、結構大変なんじゃろーなーと思う。



オモガリキムチ


 まずは名物のカンナサムギョプサル(薄く切った豚肉)から。たっぷり熟成させたオモガリキムチもチョイス。1本丸々乗せて、ハサミでジョキジョキする。



カンナサムギョプサル


 カンナサムギョプサル。ジェンガのごとく、器用に盛ってある。店員が1個1個を箸でつまんで特製のタレにジャブジャブつけて、鉄板にジュワァーッ!と焼いていく。



カンナサムギョプサル


 キレイに敷き詰めるように焼いてくれる。もうジュワジュワーッ!と実に美味そうに焼けてくれるワケで。なんともたまらん香りが立ち込めちゃってるワケですな。



カンナサムギョプサル


 んで、この食べ方も名物なんでしょうな。肉の上にレタスをヒョイヒョイ乗せていく。肉から立ち上る蒸気を利用して蒸す感じ?



行者ニンニク


 で、欠かせないのが行者ニンニク。レタスやキムチと一緒に、行者ニンニクも巻き巻きして豚肉をほおばると旨い…。皿の左側にあるワカメみたいなのが行者ニンニク。

 特製のレモンとマヨネーズのソースにつけて食べるのだが、これがスゴく合うんだな。ホントよく考えたなぁってソースなんだよね。この店はなにかにつけて、ひと工夫してるよなぁと唸らせられる。



花サムギョプサル


 あっという間に平らげたので、次へ。次は花サムギョプサル。厚切りの黒豚。見るからに旨そうな色してるわー。



花サムギョプサル


花サムギョプサル


花サムギョプサル


花サムギョプサル


 いやーもう柔らかくてたまらねーっすよ。こちらも行者ニンニクやオモガリキムチとの相性が抜群。これ専用のソースがまた用意されるワケですが、単体でこのソースにチャポチャポつけて食べても旨い。



花サムギョプサル


花サムギョプサル


 例によってあっという間に平らげたため、もう1発! ニンニクや青唐辛子も一緒に焼きまくり。



チャーハン


チャーハン


 なーんかね、豚を焼きまくったあとの鉄板を見ると、ついチャーハンを頼みたくなってしまうワケで。油がもったいなく感じちゃう。



チャーハン


 店員がパキパキとチャーハンを炒め、ポムポムとキレイな丸型にカタチを整えていく。するとなぜか変なトコロにヘラをザクッと入れ、アレ、妙な動きをしているなぁと思ったら…あらかわいい。なんとハート型に。このむさ苦しい男の私ですらちょいと嬉しかったり。恩人氏は女性というコトで、リップサービスというところなんでしょうか。やはり恩人氏は喜んでおられましたな。ナイスなサービスだと思う。

 デートやらキャバ嬢ちゃんとの同伴などでこれを見せたら、「ンマーステキー!」となるんじゃないでしょうかね。



トマトサラダ


味噌チゲ


 トマトサラダや味噌チゲも。サムギョプサルイメージが強い同店だけど、他のもなかなかいい味。



塩アイス


 で、シメはやっぱり塩アイスなワケですな。コッテリの後にこのサッパリ味のアイスはたまらなく合う。シメにはコレしかない!と個人的には思っている。



 というワケで恩人氏は大満足。私も満足。みんなハッピーというコトでいい忘年会、感謝祭となったかなぁと。

 しかし同店は接客も料理もレベルにブレが無いねぇ。キープしてるなぁとしみじみ思った。大久保エリアの韓国料理店は基本的に色んなトコがブレるからね。そういう中でこの店はいつ行っても安心なのかなーなんて思わせてくれますな。個人的にこの店は大好きだ。




●ディナーメニューの一部(参考までに)●
カンナサムギョプサル 1400円
↑トッピングレタス 320円↑

花サムギョプサル 1300円
海鮮焼き 2000円
サムギョプサル 1000円
豚トロ 1200円
豚ロース 1200円

カムジャタン(大) 3800円
キムチ鍋 2500円
プルコギ鍋(2人前) 2800円

オモガリキムチ 800円
行者ニンニク 500円

海鮮チヂミ 1500円
キムチチヂミ 1300円
ニラチヂミ 1200円
ジャガイモチヂミ 1200円

海鮮チャプチェ 1500円
牛肉チャプチェ 1500円
豆腐キムチ 1500円

イカ炒め 1300円
レバ刺し 1250円
ユッケ 1250円

トッポッキ 1100円
チーズトッポッキ 1300円

海鮮味噌チゲ 1200円
オモガリキムチチゲ 1300円
純豆腐チゲ 1200円

ユッケジャン 1200円
トゥッペギプルコギ 1200円
コムタン 1200円

石焼ビビンバ 1200円
ユッケジャンうどん 1200円
冷麺 1250円
ビビン冷麺 1250円



●お店DATA●
■住所/新宿区歌舞伎町2-22-8 第八金嶋ビル1F
■営業時間/17時〜翌4時(月〜土曜)
      18時〜翌1時(日・祝日)
■定休日/無休
■TEL/03-5292-1391
■HP/(http://www.tontontezi.com/
※地図はコチラ

posted by マサト at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 番外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。