2005年12月29日

『鳳雛チムタク(ぼんちゅちむたく)』チムタク丼(945円→662円)



■もうダメなのか!?


第1回来店の記事『チムタク定食』(1260円)
第2回来店の記事『チムタク丼』(945円→662円)【30%オフ】
第3回来店の記事『キムチチゲ』(960円→672円)【30%オフ】
第4回来店の記事『純豆腐チゲ』(960円→672円)【30%オフ】
第5回来店の記事『タッケジャン定食』(1260円→882円)【30%オフ】
第6回来店の記事『季節のビビンバ定食』(960円→672円)【30%オフ】


 先日、上司と行って味の低下に驚いた『鳳雛チムタク(ぼんちゅちむたく)』の『キムチチゲ』。12月末までランチが30%オフなのと、料理のレベルが高くかなり気に入っていたので、今月は『ぼんちゅ強化月間』と定め、度々訪れていたのだが…。それだけに前回の味にはショックを受けた。あれは、たまたまだったのだろうか、それとも本当に味が変わってしまったのか。いずれにせよ、1度の変化では判断しかねるので、再び上司と訪れてみた。



DSCF0113.JPG


 この日も客入りはあまりよくないようで、客は私たちだけだった。窓際の席に座り、メニューをチェックする。今回は味を確かめたいコトもあって、私も上司も以前に1度食べたコトがあるメニューを食べたい。というワケで、私は初期の頃に食べた『チムタク丼』を。上司は『純豆腐チゲ』を注文した。



DSCF0114.JPG
(今回食べたチムタク丼)


DSCF0115.JPG
(今回食べたチムタク丼)


 まずは『チムタク丼』が到着。何というか…、以前に食べたモノと見比べると、すでに盛り付けからして違う…。



P1020530.JPG
(以前食べたチムタク丼)


P1020531.JPG
(以前食べたチムタク丼)


 実際に見比べてもらうとよく分かると思うが、以前食べたモノは見た目の美しさを整えるために、ニンジンやタマネギを綺麗に配置している。だが、今回食べたモノは見た目を全く考えていない盛り付けに思える。最初からこの盛り付けだったなら、さほど気にならないのかもしれないが、1度でも綺麗な盛り付けを見せられると、どうしてもレベルダウンを感じてしまう。


 そして、おかずだ。以前のには、もやしナムル、ほうれん草ナムル、カクテキ、韓国海苔が付いていたのに、今回はカクテキのみ。何だか寂しくなってしまう…。


 味の方で特に感じたコトは、春雨がマズくなっている感じかなぁ。以前のは、もっちりした食感と、ツルシコ感があったのに、今回のは完全にベタッとして重くなっている。かなり食べづらくなってしまっているのが気になる。野菜も若干固い。



chimutaku03.jpg
(=上司撮影)


chimutaku04.jpg
(=上司撮影)


 そして決定的だったのが、上司の『純豆腐チゲ』だ。まず、本当に豆腐チゲなのか!?と言いたくなるくらい、豆腐が入っていない…。かき混ぜるとボロボロに崩れ去った豆腐が、ちらほらとある程度。私が食べた時はたっぷり入っていて、ホロッホロの食感がたまらなかったのだが、今は見る影も無い。


 次に味。口に運んだ瞬間、ガックリした。変な辛さしか感じない。旨味が全くといって無いのだ。どう考えても、以前食べた味とは全くもって違う。さすがに上司も前回と同じく、ほとんど残してしまった。上司はブログをいくつか運営しているのだが、そのひとつ『目指せ!繁盛店 〜小料理みきの教訓〜』にも、今回食べた『純豆腐チゲ』に関する記事があるので、よければ参考にしていただきたい。



 一体どうなってしまったのだろうか。この短期間でここまで味が変わってしまうなんて…。作り手が変わったのだろうか、厨房を覗いてみると、若い男性になっていた。美味しかった時は確か、おばさんだったハズだ。


 あまり推測でモノを言ってはいけないのかもしれないが、オープン当初は渋谷の1号店から調理人が応援に来ていたのではないだろうか。そして、とりあえずまあ落ち着いたからというコトで、調理人が渋谷に帰り、味がガクンと落ちた。それとも、縁起でも無い話だが、この客入りの悪さから、すでに撤退を決め込み、捨て鉢になっているのだろうか。いずれにせよ、その辺の内部事情は私には分からない。しかし、味が落ちたコトには変わりない。



 私的には何だか後味の悪い、強化月間の最終日となってしまった。しばらく行くつもりは無い。だが、2ヵ月後ぐらいに、様子見でまた訪れておきたい。同店のオープンを知り、行き始めた当初は本当に美味しかった。この界隈でもトップクラスのランチレベルなのではと、喜んでいた。だからこそ残念だ。なぜ大久保界隈の韓国料理店は、こんなにも当初の味、そして一定の味のレベルを保つコトが出来ない店が多いのだろうか。いい加減で適当な韓国料理で客の舌をごまかせるのも、今のうちだと私は言いたい。



●ランチメニュー●
チムタク
1羽 3480円
半羽 1980円

チムタク丼 945円
チムタク定食 1260円

純豆腐チゲ定食 960円
味噌チゲ定食 960円
カルクッス定食 960円

タク(鶏)ケジャン定食 1260円
キムチチゲ定食 960円
季節のビビンバ定食 960円
ビビン麺定食 960円
すいとん定食 960円



●ディナーメニューの一部(参考までに)●
調査中



●お店DATA●
■住所/新宿区大久保2-7-2 ニューハイム共栄221号
■ランチタイム/11時30分〜14時30分
■営業時間/17時〜翌3時 11時30分〜翌3時(土・日・祝日)
■定休日/無休
■TEL/03-3205-6582

■公式HP/(http://www.bongchu.co.kr/
■『ぐるなび』店HP/(http://r.gnavi.co.jp/a609000/

posted by マサト at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | ■店名/は〜ほ
この記事へのコメント
あー、(><)
美味しいうちに行っておけば良かったなぁ!
味とかサービスが一定しないのは
大久保界隈の韓国料理店の欠点ですね。
鳳雛はソウルの本店や渋谷店の評判が良いので
けっこう期待していたんですけどね。
韓国料理を看板にしておけば
食べ慣れない日本人がいくらでも金を出す...
こういう韓流バブルにあぐらをかいた姿勢のお店が
あまりにも多すぎるように思います。
Posted by nabe at 2006年01月01日 19:08
>>nabeさん
渋谷店行ってみますかねぇ。
いや〜それにしても惜しいですよ。
トップクラスのランチレベルだと
思ってたんですけどねぇ〜。

今年こそは、つまらん店は
淘汰の年であって欲しいなぁと。
今のうちに街並みの写真撮っておきますか!(笑)
Posted by マサト at 2006年01月01日 21:00
nabeさん、マサトさん、本当そうですよね。本物がもっと多くの日本人に広まれば、韓国と日本の距離がもっと縮まるのに。でも最近思うのは韓国の本場の味を提供しても、味覚の幅の狭い人には伝わらないので、日本風にアレンジしてくれているのかも。お客をもてなす気持ちなのかな。中華料理ってそうですよね。でも私としては本物を提供してもらいたいです。自己主張たっぷりの料理大好きです。
Posted by ぽぷり at 2006年06月13日 21:37
>>ぽぷりさん
ま、アレンジこそ腕次第ですね。
アレンジしてくれてるっていうより、
単に本場の味は手間がかかるから、
手を抜いているってところが多い気もします。

今後は本場をウリにする店、増えるんじゃないですかね。
食べれば食べるほど、舌の経験値も増えるし、
味に関して、より貪欲になっていくと思うんですよね。
ここ最近は、そういう時期に突入しているんじゃないかなぁと。
Posted by マサト at 2006年06月14日 01:01
今日渋谷店に行ってきました。とっても美味しかったです。次回大久保店にも行ってきます。
Posted by ぽぷり at 2006年09月02日 22:32
>>ぽぷりさん
私も久々に様子見がてら行ってみたいもんです。
また味が元に戻ってるかもしれませんしね。
ココ、初期の頃は本当に美味しかったんですよね。
チゲ類は大久保イチな旨さだった気がしますし。
チムタクも旨かったなぁ。

ま、チェーン店はクレームなどを受け入れる懐の広さを持ってますからな。
本部さえしっかりしてれば、
いくらでも改善、進歩するってのが個人店に無い強みに思えます。
その辺に期待したいですな。
Posted by マサト at 2006年09月03日 00:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。