2006年05月04日

新店発見情報『チウゲ』



■切なげな謎のメッセージ…


 5月4日木曜日の話。ゴールデンウィークといえど、相変わらず大久保をウロウロしている私。チングであり、師匠であるnabeさんをお誘いし、散策。途中、何やら変わった…というか、不思議な店を見つけた。


『チウゲ』外観


 新大久保駅の近くにある『いりおのら』という韓国居酒屋(バー?)と同じ建物に『チウゲ』という店が。ちなみに同店の隣りは床屋。一見、何の変哲も無さそうだが、看板がちと妙。



『チウゲ』外観


 何だかよく分からないキャラクター。餅? 麻雀牌? 天使のような羽が生えている。立て看板やチラシにも、ふんだんにこのキャラが使われているところを見ると、ウリにしたいキャラのようだが…。



『チウゲ』外観


 そして意味深なメッセージ…。「あのときの、あの苦しみも、あのときの、あの悲しみも」とある。エッ、エエッ!? ど、どういう意味??? ここ…料理屋……だよ…ね? 何でこんな牢獄で書いた辞世の句(?)チックというか、ダイイングメッセージチックなメッセージが…。下の句を書く前に絶命…みたいな。高杉晋作みたいだ…。すみなすものは心なりけり…のような下の句がホントはあったりして(笑)。


 前出のメッセージ、この餅のようなキャラ(モチ夫と命名、パチ夫君チックに)が喋っているのだろうか。とすると、ファンシーな外見とは裏腹に、なかなかに怨念チックなのも見逃せない。さらに、まだまだあるぞ、不思議メッセ。



『チウゲ』外観


 「この店は忘れないで」と……。ご丁寧に『※』印まで付いている。おいおい、一体何があったのよ!(笑) 色んな意味で忘れられないよ…。



 あのときの、あの苦しみも、あのときの、あの悲しみも。この店は忘れないで。ううむ…、ドラマチックな展開を乗り越えて、オープンに漕ぎ着けたのは間違いないだろう。しかしまぁ、看板ひとつでココまで考えさせるなんて…ある意味それはそれで面白い。中を覗いてみると、割とフツーな雰囲気だが。


 料理の味、メニューうんぬんが知りたくて入るというよりも、私は同店のマスターにメッセージの意味を聞いてみたいがために、店に足を踏み入れてみたい。

posted by マサト at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | ●ニュース●
この記事へのコメント
おお〜、この謎解きは私にやらせてください。
チウゲは消しゴムのことです。でもって、メッセージからすると、去年公開された「私の頭の中の消しゴム」:妻が若年性痴呆症になるという切ない恋愛映画からとっているんでしょう。
というわけで、チョン・ウソンファンの溜まり場、あるいは韓国映画ファンのおばさんを当て込んだ喫茶店かなんかだと思いますよ。
チョン・ウソンファンとしては一度行かなくては〜。

映画のHPリンクを貼っておきました〜。
Posted by たま at 2006年05月10日 09:58
>>たまさん
ンなぁるほどッッッ!
合点がいきました。
映画は観たコト無いのですが、
内容は何となく分かります。
そうすると「忘れないで」とか
「あの苦しみを…」などのメッセージが
つながってきますね。
そっか〜『チウゲ』は消しゴムか〜。

同じ新大久保駅そばにある
『大長今』と同じような狙いというワケね。
なるほど、なるほど。

いや〜スッキリしました。勉強にもなりましたよ。
ありがとうございます。
Posted by マサト at 2006年05月10日 13:26
このお店行きました〜!!
今、私が通っている韓国語学校の先生が連れて行ってくれたんです。オーナーとお知り合いらしく・・・
このお店居酒屋/食堂です。中の雰囲気は敷居の高くないラフな感じ。韓国の下町食堂ってな感じ?屋台チックで家庭的です。マッコリやピビンバがブリキの器、やかんで出てきます。ねだんは他店とさして変わりませんが私が食べた大卵焼き(本当に大きくてビックリ!)、コルベンイ、ブリキピビンバはとてもおいしかったです。
おっしゃるとおり店内には「モリソゲ〜」のポスターや韓流スターたちのサイン、写真がレイアウトされていました。どうやら直筆っぽい(?)
お忍びでチョ・ハンソンさん、歌手のポジション(?)さんが来たらしい。日本語も韓国語もできる店員さんだったので(先生も一緒だったし)助かりました。
また行ってみたい気軽な店でしたよ。
Posted by みちこ at 2006年06月07日 18:39
>>みちこさん
屋台チックですか〜。
最近増えてますね。
卵焼き好きなので、その大卵焼きが気になります。

そういえばランチもやっていたような。
今度近くに寄ったらチャレンジしてみます。

情報ありがとうございます。
Posted by マサト at 2006年06月07日 19:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。