2006年05月06日

『500円屋台』豚肉炒め、他【ディナー】



※『500円屋台』は閉店しました


■500円だから食べまくり、飲みまくり


第1回来店の記事『チヂミ、他』【ディナー】


 5月6日土曜日の話。ゴールデンウィークもいよいよクライマックス。以前、少しの間だけど一緒に韓国語を学んだ仲間、ヨンイエ氏(日本人)から連絡が。「大久保行くので、久々に会いましょう」とのコト。ちなみにヨンイエ氏は北京語の達人。向こうでの暮らしも長いそうだ。


 師匠のnabeさんとも友だちだったりするワケで、nabeさん、ヨンイエ氏、そしてマサさん、私の4人で大久保で飯を食べた。以前、記事で紹介した『500円屋台』に行ってみた。料理も酒も、一部を除いてオール500円という、リーマンには嬉しすぎる店。一度、宴会や食事会に使ってみたかったのだ。



 値段のおかげか、相変わらず店内は若い衆でイッパイ。何とか席に着き、早速チョイス。ま、やはり『チャミスル』は必須でしょ。生ビール500円ってのはフツーな値段で、あまりお得感が無いような気がするので、周りを見渡してもチャミ派ばかり。


 nabeさんはサイダーを頼んだのだが、どうも炭酸が抜け抜け状態…。店員に「炭酸が無いよ〜」と言うと「???」な表情。あまり日本語が通じないらしい。なので「え〜と、シュワシュワ〜」と炭酸のジェスチャー(笑)を交えつつ「オプソヨ〜(無いです〜)」と、何ともマヌケなコミュニケーションを取ると、何とか通じたようで。ようやくシュワッシュワのサイダーが。



餃子


 まずは『餃子』。酒といったら餃子でしょ。



イカ炒め


 『オジンオムッチム(イカの和え物)』を頼んだつもりが、『オジンオポックム(イカ炒め)』が。う〜む、韓国語で注文すればよかったな…。でも、酒のツマミにはピッタリ。



豚肉炒め


鶏肉炒め


 上が『豚肉炒め』で、下が『鶏プルコギ』。2つとも前出の『イカ炒め』と味付けは一緒。いや〜500円にしては、量・味ともにイイんでないの。ただ、3つとも同じ味のモノを食うのはちとツライかも。



 そんなワケで、この甘じょっぱいタレに、いささか喉が渇いたため、急に私もサイダーが飲みたくなった。一気したい欲求に駆られたため、サイダーを注文。まさかとは思ったが、グイッと飲んでみると………炭酸ねえってばッッッ!(笑) さっきとは違う店員(日本語もっと通じず)に、先ほどと同じようなジェスチャーを交え、伝えてみても「???」。参ったな…。もうハタから見ると、滑稽なほどに手をクネクネさせて「シュワシュワッ、シュワシュワッ!」と言ってもダメ(笑)。見かねて、他のテーブルの韓国人が助けてくれてようやく新しいサイダーが。よっしゃ!と飲んでみると………ンだからァ〜、炭酸ねえってばよッッッ! もうエエわい…(笑)。



ナムル


 コチラは定番3種のナムル。ほうれん草だけ味がついていないような気が…。もやしはイイ味付けだった。



チャプチェ


 『チェプチェ』。可もなく不可も無くといったところか。



 いや〜ガッツリ食って飲んで満喫したなぁ。載せてないけど、さらにいくつか料理を追加してたワケで。ジュース類は300円、あとは500円なだけに、会計も秀逸。ただ、日本語コミュニケーションがナニだったり、メニューによってはアレだったりするが、500円なので許せる。できれば、韓国語が出来る人と行くのがオススメかな。サイダーのやり取りに関しては、日本にいる気がしなかったよ(笑)。



※『500円屋台』は閉店しました



●メニューの一部(参考までに)●
※メニューは全て500円

サムギョプサル
豚ロース
ホルモン炒め
豚ナンコツ炒め
豚肉炒め
鶏プルコギ
砂肝炒め

マグロ刺し
生カキ
センマイ刺し
チヂミ
チャプチェ

イカ炒め
イカの和え物
海老の和え物
豚足
モミジ(鶏の足)

アサリ湯
ムール湯
オデン湯
カムジャタン ※例外? 1500円

焼き餃子

豚クッパ
ユッケジャンクッパ
カルビうどん
カルビタン

味噌チゲ
キムチチゲ
純豆腐チゲ
餅餃子スープ
餅スープ

餅ラーメン
韓国ラーメン
ライス ※例外 300円



●お店DATA●
■住所/新宿区大久保1-15-17 サンハイツ大久保2F
■営業時間/17時〜翌3時
■定休日/無休
■TEL/03-3202-8407
地図はコチラ



posted by マサト at 00:00 | Comment(7) | TrackBack(1) | ※閉店※
この記事へのコメント
「シュワ シュワ オプソヨ」うける〜
でも私もそう言うのだろうな〜 その場にいたら。でもチャミが¥500ってのは超お得ですよね〜
Posted by るり at 2006年05月15日 07:14
食欲が出てくると、マサトさんのブログやHPってカナリ眩しい存在です☆今回のレポートのように、色々ナニな部分あっても安い店、旨いものならこのお店ってな具合にレポートが充実してるから、自分で行けなくてもホント読んでいて楽しいし、金額的な現況相場も勉強になりまーす!
Posted by manicmonday at 2006年05月15日 08:56
>>るりさん
シュワシュワは全国共通だろッ!と勝手に思い込んで連呼してましたが、
イントネーションが違うのかな(笑)
コケコッコー! クックドゥルドゥ〜みたいな。


>>manicmondayさん
そう言って頂けると嬉しいです。
ナニな部分、ナニ過ぎるとアレですが、
ブログのネタにはなってるので、たまにはイイかな〜と(笑)。
Posted by マサト at 2006年05月15日 12:55
シュワシュワは確かに通じないらしいけど
炭酸は韓国語でも「タンサン」だよね。
手伝ってくれた韓国人もそう言っていたんだけど
店のアジョシには通じなかったみたいだね。
何でかな?

「刺激が不足じゃない?
(チャグギ プジョカジアナ?)」
「泡が出ていないようです。
(コブミ ナワァイッチ アヌンゴエヨ)

...とか、言い換えた方がいいんだろうか?
でも言いたいよね。
シュワシュワしてないじゃん!って(笑)
Posted by nabe at 2006年05月15日 13:37
>>nabeさん
>炭酸は韓国語でも「タンサン」だよね

う〜ん、何で通じなかったんだろう…。
謎ですね。

シュワシュワのジェスチャーを磨いておきましょう(笑)。
次は音マネで攻めますか!
ショワァァァッッッ!
Posted by マサト at 2006年05月15日 14:21
いいですね〜〜
「シュワ シュワ オプソヨ〜」
げらげら。
でもわたくしも韓国行くと
「え〜それはピッサダじゃん」
「これスワロフスキー?モルラヨ?」
とか言って市場でよく交渉してます(笑)。
熱意を持って頑張って言えば通じるのか???

いいなぁ〜500円のチャミッスル♪何か面白そうなお店に行くときはまた声をかけてくださいまし!当日でも夕方までならOKですよん。
Posted by とん at 2006年05月15日 22:26
>>とんさん
いや〜外国語なんて、
努力と根性、そしてジェスチャーさえあれば何とかなる!と思っていたのですが、
シュワシュワだけはダメでした(笑)。
次はスケッチブックか!?

>何か面白そうなお店に行くときはまた声を…

ラジャー!
連絡しますね。
ぜひぜひ飲み食いしましょう。
Posted by マサト at 2006年05月16日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

豚1頭分!国内産豚足(酢味噌たれ付き)【8
Excerpt:  コラーゲン!豚の足を下茹でして縦半分に割ったのが入ってます。そのまま焼いて食べてもいいのですが、じっくり柔らかくなるまで煮込んで、とろっとしたところを食べるのが好きです。骨の旨みとコラーゲ..
Weblog: 豚肉をあげる
Tracked: 2007-08-11 04:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。