2005年03月14日

『ソウル屋(そうるおく)』ユッケジャン(600円)



※『ソウル屋(そうるおく)』は閉店しました


■600円ランチの店発見!!


CA260329.jpg


 今日は月曜日。今週1発目はどこに行こうか、とりあえず会社を出た。会社を出て、ふと気づいた。そういえば、ウチの会社の裏手に韓国料理屋があったな。つーコトで、会社がある明治通りから、1本裏の道に入っていった。店の名前は『ソウル屋』。昔、入社したばかりのとき、夜食べに行ったきりである。ランチやってるのかなぁ…、そう思いつつ店へ向かう。



 ちなみに同店の住所は大久保だが、大久保・新大久保駅からは遠い。明治通りと大久保通りの交差点の近くだ。戸山団地というマンモス団地の、道を挟んで向かいにある。


CA260328.jpg


 そして店の前まで到着。入り口にはランチの看板が…。よかった〜。ちなみに本日はユッケジャンのようである。値段は600円。こりゃ安い!というワケで、早速店内へ。



CA260330.jpg


 さて、13時半だというのに、店内はなかなか混雑している。テーブル席が5〜6くらいだろうか。割とこじんまりしている。奥には…座敷もありそうだ。席に着いてすぐ、2組くらい客が入った。そんなこともあって、けっこう賑やかだ。店内のTVでは、韓国映画『JSA』の日本語吹き替え版が放送されている。


 同店は日替わりランチ方式のようで、店内には月曜は○○、火曜は○○と1週間のメニューが貼ってある。それらは600円で食べられる。他にも選べるランチメニューがあり、大体700円以上くらい。


 私はもちろんユッケジャンを注文した。しかし3月も上旬だというのに、今日は冷える。店内の暖房の効きが悪いのか、どうも寒い…。それだけに、ユッケジャンが待ち遠しい。だが、15分くらい待っても、なかなか来ない。なぜか私よりも後に来た客たちに、先にユッケジャンが運ばれる。どうも、おばちゃん1人で切り盛りしているようで、多少テンパっているようだ。



CA260331.jpg


CA260332.jpg


 そしてようやく私の前にユッケジャンが。おかずは3皿。カクテキと小魚、キャベツの漬物のようなものがある。キムチとは違うのかな? とにかく寒いので、早く辛いものが食べたかった。ユッケジャンにご飯を放り込み、クッパにして食べる。ん〜、辛い。そしておかずも。キャベツの漬物は、微妙に甘味を感じる。カクテキは辛味が少なく、食べやすい味だと思う。ニンニクの味が強い気がする。


 このユッケジャン、食べてるうちに気がついたが、肉がまったく入っていない。もやしや、ぜんまいなど野菜はたっぷりだが、肉がないせいか物足りない…。ちと残念。そのせいか、辛いことは辛くてイイのだが、旨味が少ないんじゃないかな。何となく味気ない。辛さばかりが気になってしまうのだ。



 食べ終わるころにはすっかり汗をかき、寒さは吹っ飛んだ。おかずのボリュームの少なさと、ユッケジャンの味の物足りなさがやはり気になる。しかし、600円でそれ以上求めてはダメなのかな。他の曜日のランチに期待したい。でも安くランチを食べれる店を発見できたので、今日は大収穫である。



※『ソウル屋(そうるおく)』は閉店しました



●お店DATA●
■住所/新宿区大久保2-2-2 1FE号
■ランチタイム/11時〜14時
■定休日/無休
■TEL/03-3204-4441


posted by マサト at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ※閉店※
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。