2007年01月04日

『ソムンナン飯店』海鮮ウル麺【アラカルトランチ】



■給料日のご褒美にガッツリ海鮮モノを!


第1回来店の記事『チャジャン麺、他』【アラカルトランチ】
第2回来店の記事『チャジャン定食』(700円)
第3回来店の記事『五目チャーハン』【アラカルトランチ】
第4回来店の記事『ソムンナン飯店特製ご飯、他』【アラカルトランチ】
第5回来店の記事『辛口チャンポンご飯』【アラカルトランチ】
第6回来店の記事『海鮮牛肉細切り炒めご飯』【ディナー】
第7回来店の記事『ソムンナン飯店特製麺』【アラカルトランチ】


 う〜ん、昨年の12月25日、月曜日頃の話だったと思う…。2006年最後の給料が入り、ウホホ〜イな私。この日は外回りの仕事があったが、腹が減っていたので、会社を出てとりあえず何かを食べようというコトに。まぁ、せっかくフトコロがホクホクしているので、ご馳走でも食べたいなぁ。そんなワケで、大久保通りの『ソムンナン飯店』へ。



 店内に入ると、何やら賑やか。割といつも空いているのだが、奥の席は全て埋まっている。見ると、学生服を着た韓国人の女のコがわんさか。珍しい光景だ。全員見事にチャジャン麺を頼んだようで。店のママさんも、どこか嬉しそうに料理を運んでいる。


 さて私は…何を食べようか。ココへ来る時は、いつも同店で食べたコトの無いモノを食べようと思っているワケで。メニューをじっくり眺め、『海鮮ウル麺』とやらに目をつける。ママさんに「コレってどんなのですかねぇ?」と聞くと、「海鮮がたくさん入ってて〜、アッサリした感じの味ですよ〜」とのコト。まあ、ココのは何頼んでも間違いは無いだろうってなワケで、ソレを注文。



タマネギ&タクアン


 毎度お馴染みの、タマネギ&タクアン。もはや慣れた手つきで、酢をブッかける。シャリシャリ、ボリボリとつまみながら料理を待つ。



海鮮ウル麺


 そしてメインの『海鮮ウル麺』が到着。…予想はしていたのだが、今度ばかりはさすがに「デカッ!」と声に出してしまった。コレは確実に2人用だな。時計を見る。ううむ、時間が無い…。あと15分ほどで、新大久保駅から山手線に乗らなければならないワケで。もっと早く会社を出ればよかったと後悔。


 それにしても、この海鮮の量。写真を見れば分かると思うが、たっぷりな海鮮に麺がしっかり隠れている。スープはママさんが言ったとおり、塩ベースのあっさり系。麺は例の手打ち麺。いや〜コレは文句ナシに旨いでしょう! ゴージャス感も、給料日にふさわしいね。ガツガツ、ズビズバ〜ッ! 海鮮と麺を口に放り込み、ものすごい勢いで咀嚼。うう、タイムリミットつきでご馳走を食べるのは、何とももったいない気が…。



 そんなこんなで、このどエライ量を超スピードで平らげる。旨かった。しかし、顔は汗でビショビショ、腹ははちきれんばかりにパンパン。舌も少しヤケドしてしまったようで。そしてお勘定。あっという間に食べ終え、汗まみれで勘定を済ます私を見て、ママさんは「一体何事?」な顔をしていたと思う。スンマセン、次はもっとゆっくり食事を楽しみます。



●ランチメニュー●
チャジャン定食 700円
(チャジャン麺+餃子+ライス)



●ディナーメニューの一部(参考までに)●
チャジャン麺 700円
チャンポン麺 1000円
ウドン 1000円
ソムンナン飯店特製麺 1000円

辛口チャンポンご飯 1300円
海鮮チャジャン麺 1500円
海鮮チャンポン麺 1500円
海鮮ウル麺 1500円

肉団子の辛子炒め 1000円
揚げ鶏のソースかけ 1000円
揚げエビサラダ 1000円
牛肉とカキソース炒め 1000円

ソムンナン飯店特製ご飯 1200円
五目チャーハン1200円
海鮮チャーハン 1500円

海鮮牛肉細切り炒めご飯 1800円
タンスユク(韓国式酢豚) 2000円
若鶏の甘酢炒め 2000円
八宝菜 2000円



●お店DATA●
■住所/新宿区大久保2-18-7 EML1F
■ランチタイム/11時〜14時
■営業時間/11時〜翌3時
■定休日/無休
■TEL/03-5272-0372 03-5272-0373
■公式HP/(http://www.uwasanohanten.com/
地図はコチラ

posted by マサト at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 番外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。