2005年05月26日

『延吉香(えんじしゃん)』手打ち冷麺(1050円)



■最高の冷麺を探せ!! 〜その3〜


CA260692.jpg


 今日は朝から、やたらと天気がイイ。毎週木曜日は冷麺の日と決めていた所に、こんな絶好の冷麺日和な天気がやって来るとはツイている。今週前半は雨が多く涼しかっただけに、今日のランチ・ディナーに冷麺を食べる人は多いのではないだろうか。


 さて、今日も上司と一緒に大久保通りへ。行く店はすでに決めてある。『延吉香』という店である。以前、知人に「ココの冷麺がウマいらしいですよ」との情報を頂き、気になっていたのである。明治通りにある会社から、新大久保駅方面へ大久保通りを真っ直ぐ歩き、右手にある牛丼の『らんぷ亭』をちょっと過ぎた右手にある。


CA260691.jpg


 入り口が地味なので、危うく通り過ぎてしまうところだった。残念ながら同店は、ランチをやっていないようだ。早速、階段を降りて中に入ってみた。



P5260067.JPG


 店内は思っていたよりも広い。すでに客が何組か入っていた。席はテーブル席のみだ。ちなみに同店は、中国朝鮮族の店。『羊肉串』や『狗鍋』などが名物料理なんだそうだ。すでに入っている客も、全て中国人だったのが印象的だ。


 メニューも韓国料理より、漢字の名前の料理がイッパイ。普通の韓国料理屋に慣れた人には、ちょっと変わった雰囲気を感じるだろう。とりあえず注文。私も上司も『手打ち冷麺』(1050円)を頼んだ。名前から分かるように、同店の冷麺は手打ちなんだとか。手打ちとはいっても『手打ち器』とやらを使って、毎日自分の店で麺を作っているそうだ。それだけに、どんな麺が出てくるのか、非常に楽しみ。



P5260075.JPG


 しばらくして、おかずが4皿出た。ザーサイ、大根の皮キムチ(?)、煎りピーナッツ、もやしナムルだ。ザーサイが出てくる辺り、やはり中華が基本なのだろうか。全体的に味はまあまあ。なかなか満足出来た。



P5260077.JPG


 そして今日はゴージャス(?)に『海鮮チヂミ』(1050円)も頼んでみた。給料出たばかりなので、ちょっとだけ贅沢してみたくなったのだ。それにしても安いでしょ? 生地はもっちり系で、ふわっとした食感。コレがかなりウマかった。海鮮よりも生地がイイ感じなんだろうなぁ。



P5260078.JPG


 続いてメインの『手打ち冷麺』。おおっ、見た目は今まで食べた冷麺の中で、1番豪華かも。この界隈では極細の麺が多い中、同店は中細くらいだろうか。チャーシュー2枚と、キムチ・キュウリがたっぷり盛り付けてある。もちろん半切りの玉子もある。氷が浮いていたのは余計だったので、すぐさま取り除いた。


 玉子の黄身を溶かし、豪快にかき混ぜる。キムチのヤンニョムも多めなので、スープがキレイな赤色になった。底の方には薄切りのリンゴも2枚沈んでいた。早速スープを飲んでみる。酸っぱい系で、ヤンニョムの辛さも加わり、割とハッキリした味だと思う。欲を言えば、もう少しダシが出ていればグーかな。まあ割と好きなタイプのスープだ。


 麺はさすが!といったコシの強さ。プリプリした弾力がたまらない。噛むごとに「プツッ、プツッ!」と、小気味のイイ音が聞こえてきそうなほどだ。だが、麺にハサミを入れて欲しかったなぁ。コシが強い分だけ、若干食べづらいのである。



 スープが本当に濃いめの味なので、全部は飲めなかった。割とメリハリがあるスープなので、全部飲み干したいという人は不満が出るかも。しかしまあ、全体的になかなかイケてる冷麺ではないだろうか。腹もバッチリ膨らんだ。



評価:★★★★★★★☆☆☆ 7点
麺のウマさ、具の多さ共に優秀。スープのダシがもっと効いてれば、なおイイだろう。



 帰りに韓国スーパーで『水晶果(すじょんが)』(78円)を購入。口の中が辛かったので、口直しに「グビッ!」。ん〜、このニッキの味が…イイ! でもコレって、かなり好き嫌い分かれるみたいだ。ネットで検索すると、否定的な意見の方が多かった…。



●ディナーメニューの一部(参考までに)●
手打ち冷麺 1000円
温麺 1000円
冷麺帽 1500円
豆腐チゲ 1000円
石焼ビビンバ 1000円

羊肉 150円
羊筋 200円
牛肉 200円

じゃがいもチヂミ 780円
海鮮チヂミ 1000円
スンデ 2000円

狗肉火鍋 4000円

※上記メニュー、全て税別



●お店DATA●
■住所/新宿区百人町2-2-1 木橋ビルB1
■営業時間/12時〜翌5時
■定休日/無休
■TEL/03-3203-5168


posted by マサト at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 冷麺
この記事へのコメント
こんにちは!

2年程前にこのお店の狗肉火鍋を食べました。

国境の土地柄、鍋の味付けはズ−ラン(香辛料)
の味付けでした。
鍋に入れる前の狗肉自体に興味があったので
食べてみましたがクセがなく食べやすかったです。

鍋にするとス−プ自体が独特な味なので
好みがわかれるかもしれませんね!

「ハンヤン」のポシンタンは旦那も
今度はトライすると言っていましたよ(~o~)
Posted by yuko at 2005年11月01日 17:13
>>yukoさん
こんにちは。
狗肉、私も興味津々なのですが、
未だに食べてないんですよね〜。
好みが分かれますか〜。
今月こそチャレンジしてみたいなぁ。

そういえば『ハンヤン』にもありましたね。
まずはココから攻めてみるかなぁ。
Posted by マサト at 2005年11月01日 21:08
この間行ってきました。18年位前に北京に留学していたときよく朝鮮冷麺食べていたんですが、やっぱり懐かしいですね。ここの冷麺はボリュームもコシもあって美味しいですね。ご飯を注文しなかったので、突き出しが少々しょっぱく感じました。残念だったのが、羊肉の串焼きの注文が10本からということ。一本150円だから1500円、貧乏人の私には厳しいです。とほほ。こればかうまなんですよ。クミンシード(中国語ではズーランという)と唐辛子と塩をかけて食べるんです。羊臭くなくておススメです。今度是非食べてみてください。
Posted by ぽぷり at 2006年06月03日 17:04
>>ぽぷりさん
北京留学経験アリですか〜。
さぞや色んなモノを食べたんでしょうね。
うらやましいです。

羊肉串は10本からって縛りが普通なんですかね。
私も『縁香館』という所で食べた時も、
10本からという縛りがありました。

最初、金達莱という店に行ったら満席で、
延吉香に行ったらまたも満席。
てなワケで、ココのは未食なんですよ。
今度また行ってみます!
Posted by マサト at 2006年06月04日 17:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。