2005年06月06日

『石焼ビビンパ工房』ビビンバ(500円)



※『石焼ビビンパ工房』は閉店しました


■お隣さんとのサービス抗争激化か!?


第1回来店の記事『ヘジャンクッパ』
第2回来店の記事『チーズ石焼ビビンバ』
第3回来店の記事『カルビ石焼ビビンバ』


CA260723.jpg


 今日は計3回ご紹介している店『石焼ビビンパ工房』に行こうと思う。最後に行ってから、だいぶ日が経っているので、様子見も兼ねてといった感じだ。本日の同行者は、またも会社の同僚T。


CA260724.jpg


 同店のランチは日替わり式になっていて、何と500円で食べるコトが出来る。この界隈では貴重なワンコインの店だ。店の前にあるランチの看板を見ると「本日は石焼ビビンバ」と書いてある。ちょっと暑い陽気だったが、まあイイかと思い中へ入ってみた。



P6060172.JPG


 いつも同店は値段のせいか、店内は超が付くほど混雑している。店内が小じんまりしているせいもあるだろう。が、今日はさほど混んでいなかった。ちなみに席はテーブル席のみ。


 店員にランチを2つ頼むと「石焼ビビンバと、普通のビビンバが選べますよ〜」と言うではないか。ならば、とばかりに普通のビビンバを2つ注文した。良心的だなぁ。こんな暑い日に石焼を食べると、どうしようもないくらい汗が出ちゃうからね。



P6060168.JPG


 そして4皿のおかずを持ってきてくれた。キムチ、カクテキ、もやしナムル、じゃこだ。店員が「おかずはお代わりできるので、いつでも言ってくださいね〜」と。なんか久しぶりに来たら、やたら愛想がよくなってるな〜。前はそんなコト1度も言われたコトなかったのだが。


 そういえば、同店の右隣は『ソロンタン』という韓国料理屋がある。そこもランチをやっていて、同じ日替わり式で値段も500円。一方がチゲなら、もう一方もチゲ。春雨丼なら向こうも春雨丼、といった感じでお互いけん制(?)し合っているように見える。まあ当然といえば当然だろう。やはり客の食い合いになるワケだから、どちらかのサービスが劣れば、それは即負けにつながる。


ちなみに今日の『ソロンタン』のランチは『プルコギ定食』。違うメニューをぶつけてきたのは、勝負を賭けたというコトなのだろうか。心理戦というか駆け引きというのか。コレが先に述べたような、店員の愛想のよさにつながっているのなら、客にとっていいコトなのは間違いない。



P6060170.JPG


P6060171.JPG


 さてメインも登場。もやしのスープも付いている。何ともウマそうなビビンバだ。ナムルとご飯の盛りが素晴らしくイイ。どのナムルも、かなりたっぷりと盛り付けられている。他の店では、なかなか見れないボリュームに感じられる。


 コチュジャンが最初から入っているのが残念だが、味は悪くない。むしろイイ。さらに、おかずのキムチも入れてみた。コレがまたウマい! ほのかな酸味と辛味が加わって、とてもオイシくいただくコトが出来た。飯の量も多かったので、文句無しに満腹感が得られた。う〜ん、お隣さんとのサービス競争、絶対に数年前より激化していると思う。次は『ソロンタン』に行ってみようかな。しばらくは目が離せなさそうだ。


※『石焼ビビンパ工房』は閉店しました



●ランチメニュー●
日替わりのみ(500円)



●お店DATA●
■住所/新宿区大久保2-7-5 共栄ビル1F
■ランチタイム/11時〜14時
■定休日/無休
■TEL/03-3208-5576

posted by マサト at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ※閉店※
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。