2005年06月10日

『ピョジュバク』豚肉炒め、他【ディナー】



■オモニあってこその穴場


第1回来店の記事
第2回来店の記事


 先日、私の韓国レッスンが終わった後、韓国田舎旅行の達人nabe氏、マサ氏と一緒に飲みに行った。向かった先は、このブログでも何度か紹介している、あの穴場店『ピョジュバク』。店の詳細は過去の記事を参照して欲しい。そういえば同店で酒を飲むのは初めてだ。う〜ん、何とも楽しみである。



 入り口から中を覗くと、すでに2組ほど客が入っている。ここは8人もいれば満席になってしまうほど狭いので、もしかしたら入れないかもしれない…。ドアを開けてキョロキョロしていると、オモニがやって来た。彼女は「大丈夫、大丈夫」と、笑顔で迎えてくれた。早速中に入り、私たちが席に着くと、店内は完全に満席になった。ちなみに他の客は韓国人だけだ。この雰囲気がたまらない。本当に日本なのだろうか、と感じさせてくれる。


 まずは『マッコリ』(1000円)を注文。料理は『豚肉炒め』(1500円)、『豆腐チゲ』を2人前(1800円)、『チヂミ』(500円)、『イカ炒め』(900円)を注文した。『マッコリ』がスグに到着したので、ひとまずカンパイ! ん〜、ウマい!! 私はチャミスルは嫌いだが、マッコリは大好きだ。アルコール度数もそんなに高くないので、ガブガブ飲めるのがウレシイ。


 同店はオモニが1人で店を切り盛りしているので、料理が出てくるまで時間がかかる。すでに入っていた客の料理を全て出し終えてから、私たちの料理に取りかかった。大変だろうなぁ。



01.JPG


 しばらくすると、おかずが3皿運ばれてきた。キムチ、オイキムチ、もやしナムルだ。キムチをひと口食べてみると…コレが本当にオイシイ! 酸味が少ないタイプで、私のモロ好みの味だ。3人とも「ウマい!」を連発しつつ、バクバク食べた。



03.JPG


 そしてメインが次々とテーブルに並べられていく。これは『豚肉炒め』。肉も厚切りで、量もたっぷり。何より味付けがイイ。コレはあまりにもウマすぎて、あっという間に無くなっていった。同店に来たなら1度は食べるべき、名物料理といえるだろう。



02.JPG


 そして『チヂミ』。何度も言うけど、コレが500円なんてあり得ない。韓国で食べるのなら、あり得る値段なのかもしれない。だが、少なくともこの界隈では、同店を超えるコストパフォーマンスのいいチヂミは無いだろう。はっきりいって、他の店のチヂミが高すぎるんだと思う。大体お好み焼きだって、1500円を超えるモノなんてそうそう無いぞ。この界隈の店がどれだけアコギなのかが、よく分かる。



04.JPG


 『豆腐チゲ』は2人前から注文すると、大きな鍋で一緒に出てくる。豆腐がホントにたくさん入っていて、麻婆豆腐っぽい感じ。程よい辛さで食欲をガンガン刺激する。もちろんライスも付けてもらった。ご飯が進むねぇ〜。しかもオモニの好意で、超大盛りにして頂いた(笑)。



05.JPG


 『イカ炒め』もイイ盛りっぷりだ。この料理といえば、超が付くほどの激辛な味が相場だが、同店はやや控えめ。日本人だからだったのかもしれない。私は激辛が苦手なので、丁度イイ感じだ。イカのプリプリした歯応えが、たまらないね。


 他の客が全て帰ってしまい、店内は私たちだけになった。オモニも暇になったのか、私たちの方に顔を出してくれて「ご飯イッパイ食べなさ〜い」とか「キムチもっと食べなさ〜い」と、温かいサービス。何とキムチは3回もおかわりさせてくれた。ご飯も「お金はイイから、たくさん食べなさいね〜」と。優しいお母さんだなぁ。常に笑顔で、ニコニコしている。私たちも、そんなオモニを見て、ふわぁっと笑顔になってしまう。



 会計の際、オモニはご飯の料金を取らなかった。さらに値引きしようとしてくれたが、さすがにコレ以上は申し訳ない。お金を払うと「ありがとう〜」とオモニ。本当に素敵な笑顔だ。帰りも見送ってくれた。お礼を言い、手を振ってお別れ。私たちの姿が見えなくなるまで、オモニは見送ってくれたと思う。ああ、この店の1番の名物は、オモニなんだなぁと、しみじみ思った。他の韓国料理屋では、決して味わうコトが出来ない、素晴らしい出会いだね。



●ディナーメニューの一部(参考までに)●
キムチチゲ定食 900円
味噌チゲ定食 900円
豆腐チゲ定食 900円
イカ炒めライス 900円

チヂミ 500円
豆腐ステーキ 500円
海鮮チヂミ 1500円

豚肉炒め 1500円
目玉焼き(2個) 200円
ライス 200円



●お店DATA●
■住所/詳細不明
■営業時間/詳細不明
■定休日/詳細不明
■TEL/03-5285-1262


posted by マサト at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 番外
この記事へのコメント
ここのハルモニは笑顔が優しいねー。
田舎の婆ちゃんチでご飯食べさせてもらってる感じ(笑)
豚肉炒めの写真、すごく旨そうに撮れてますね。
確実に腕を上げてますな。
Posted by nabe at 2005年06月13日 00:04
>>nabeさん
こんばんわ。
ホント、あの笑顔を見ると、
ほっこりしちゃいますね。

最後の見えなくなるまで見送りなんて、
田舎に泊まろう!を思わせますよね。
ぜひ、また行きましょう。

写真、料理の本などを参考にして
密かに研究してます^^
ISO800くらいまでOKな
デジカメが欲しいです。
Posted by マサト at 2005年06月13日 01:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。