2005年10月06日

『マシッソヨ! 大久保 韓国ランチ』【番外】韓国旅行編



■食の都 全州グルメ紀行 〜1〜 【1日目】
 『ウェンギ』コンナムルクッパ



 2005年9月30日、金曜日。私にとって初めての韓国旅行が実現した。韓国に興味を持ち、韓国語の勉強を始めたり、韓国料理に夢中になったり。気づけばもう2年ほど経とうとしていた。それで初めての韓国旅行とは、遅すぎるといえるかもしれない。このブログもスタートして半年以上が経った。基本的に大久保にある韓国料理店のランチを紹介するサイトだが、いずれは本場の料理も紹介できればイイなぁと、ずっと考えていた。


CA260856.jpg


 旅行の日程は3泊4日。本当はもっと長く旅行を楽しみたかったのだが、仕事の都合などもあり、土日を利用して行くコトになった。チケットはもちろん格安航空券である。行き先は韓国のソウル…ではなく、全羅道(チョルラド)という地域にある『全州(チョンジュ)』という所だ。ここは韓国の中でも特にご飯がオイシイ地域で、韓国人に聞いても「食事は全州がイチバン!」と言うくらいだ。


 そんなワケで当分の間、韓国は全州で味わってきたグルメレポートをお届けしたいと思う。



 私は海外旅行は初めてではないのだが、2度ほどしか経験が無く、いずれも会社の社員旅行でしか行ったコトが無かった。自分であれこれ手配し、1人で旅行するなんて情けない話だがホントに初めてなのである。9月30日の金曜日、この日に私が乗る飛行機は、成田発の13時55分。フライト2時間前に、空港内にあるカウンターでチケットをもらうとのコトだったので、10時くらいには成田空港に到着していた。


 チケット引き換えまで、まだかなり時間があったので、ブラブラと空港内をうろつく。1人はやはりどこか寂しい。だが全州では、友だちでもあり韓国の師匠でもあるnabeさんと合流出来るコトになっている。nabeさんは私より1日早く、全州入りしているのだ。そして全州市には観光課もあり、そこに勤める韓国人の方がnabeさんとは友人関係。現地では、その方も紹介していただけるコトになっていた。



CA260857.jpg


 ようやくチケットをもらい、搭乗手続きや荷物検査などを済ませ、出発ロビーへ。いよいよか、と緊張感も高まってきた。韓国行きの飛行機の出発ロビーなだけに、周りには日本人だけでなく韓国人も多いようだ。飛び交う言葉も韓国語が目立つ。



 航空会社は大韓航空。飛行機に乗り込み、指定の席に着く。スチュワーデスはやはりみな韓国人だ。ちとたどたどしい日本語だが、みんな一応喋れるようだ。離陸してしばらくすると、スチュワーデスが何か紙を配り始めている。何のこっちゃよく分からなかったので、ボーッとしていると、どうも乗客のかなりの人がソレをもらっている。何なんだコレは…。不安に駆られ始めたので、隣りの人に恐る恐る質問。すると「入国と出国するために必要な書類だよ」とのコト。こんなコトも知らないくらい、私の旅行知識はお粗末なモノなのである。幸い隣りの人が親切だったので、書き方を教えてもらい、どうにかなった。いやぁ恥かしい話だけど、まぁ勉強になるなぁ。


 機内食を食べた後は、朝早かったので睡眠を取るコトに。しかし、目を覚ました時には…もう韓国だった。早い! いや〜、近いとは聞いていたが、2時間で着くとは…。




 降りて出国審査の場所へ向かうと、もう早速長蛇の列…。とりあえず並ぶと、後ろにいた韓国人のおばさんが…割り込もうとしている。さすがだ…。ここで負けてはならないと、肩を広げて牽制。私とおばさんとの空間のやり取りが続く。ふと並んでいた列の上にあった標識を見ると、韓国語で『ハングギン』、漢字で『韓国人』と書いてある。あ…。ここはどうやら韓国人専用のようである…。おばさんの勝ち誇った顔を尻目に、そそくさと『ウェグギン(外国人)』と表示された列に並び直す。


 色々な手続きを終え、1Fに行くと…ああ、ようやく韓国に来たんだなぁと少し実感。両替などは成田でしてしまったのだが、どうもなかなかにウォン高のようだ。1万円で8万1000ウォンくらいにしかならなかった。韓国内の銀行ですれば、8万9000ウォンほどになったようで後悔。



 先ほど話に出た全州市観光課の職員、ヤンさんの電話番号をnabeさんから聞いていた。空港に着いたら電話する約束になっていたので、近くにあった公衆電話へ。しかし、あ…お札しか無い……。周りをキョロキョロ見渡すと、漢字で『両替』と書かれた場所を発見。そこに行き職員(?)に1000ウォンを見せると、スグに察してくれて「チョナ(電話)?」と言って、小銭に両替してくれた。


 気を取り直して電話。通じなかったらどうしよう…と思っていると、「ヨボセヨ〜(もしもし〜)」と、ヤンさんの声が。とりあえずホッ。今、空港に着いたコトなどを説明し、nabeさんの現地用の携帯番号も教えてもらった。そしてnabeさんとも連絡を取る。よし、コレでひと安心だ。




 全州までは、仁川空港から直通の大韓リムジンバスが出ている。大韓航空の系列らしい。30分おきに出ており、空港を出てスグの所に、バスのチケット売り場と乗り場がある。


 チケットを買いに行く前に、気を落ち着かせるため、空港内の『ロッテリア』に寄ってみた。とりあえず飲み物でも買って、バスの中で飲もうと思ったのだ。メニューを見ると、どんなモノがあるか分かるような、分からないような。無難に『アイスグリーンティー』、冷たい緑茶を買うコトに決めた。値段は1700ウォンと書いてある。レジの女のコに1700ウォンぴったり払うと、不思議そうな顔をして1500ウォンだけ受け取り、200ウォンを返してきた。しばらくお互い沈黙しながら見つめ合う…(笑)。何だかよく分からないまま、200ウォンと緑茶を受け取る。なぜ200ウォンが帰ってきたのかは、これを書いている今もよく分からない…。




 空港の外に出て、バスのチケット売り場へ。小さいプレハブみたいな感じだ。そこの売り場の女のコに「チョンジュッカジ カゴシポヨ(全州まで行きたいです)」と告げる。仁川空港から全州までは2万5000円ウォンと聞いていた。でも彼女は1万2600ウォンと言う。ずい分安いんだなぁ〜と思いつつ、チケットを受け取り、指定されたバス停へ。待ちながら何か違和感を感じる。ふとチケットを見ると、チョンジュ…ではなく、チュンジュと書かれている。おいおい、多分全然違うだろ! どうやら私の発音が悪かったようだ。チョ・ン・ジュ、とハングルで紙に書き、女のコに見せる。苦笑まじりで「ア〜、チョンジュ〜?」と言って、新しいチケットを発行してくれた。差額を払い、正しいバス停へ。


 もうバスが来ていたので乗り込む。運転手のオジサンが、私が手にもってる飲み物を見て、笑いながら何やら言っている。早口なのでよく分からない。でもジェスチャーを交えているので、何となく分かった。恐らく「ホントは飲み物ダメなんだけど、まあイイや〜。アハハ、こぼすなよ〜」的なコトだろう。私はとりあえず「イェ〜、イェ〜(はい〜、はい〜)」と笑顔で返しながら、バスに乗り込んだ。



 大韓リムジンバスは、とてもキレイで居心地がなかなかイイ。発車後しばらくして、ウトウト眠りについた。バスは途中、金浦空港や、イクサン駅という所を経由する。3時間ぐらいは乗っているのではないだろうか。かなり渋滞しているようだ。このバスは17時30分発だったので、もう21時近くになっていた。高速のインターチェンジで、20分ほどトイレ休憩があった。トイレを目指す乗客たちのあとに私も続き、用を足す。車内に戻り、私の隣りにいた韓国人のビジネスマン風の人に、恐る恐る韓国語で話し掛けてみた。というより、質問してみた。


 「ヨギプト チョンジュッカジ、オルマナ シガン コルリムニッカ?(ココから全州まで、どれくらい時間掛かりますか?)」と聞くと「ハンシガン(1時間)」とのコト。通じたようで普通にウレシかった。




 全州駅に到着。だが、ココではまだ降りない。次の終点、全州コアホテル前で降りると聞いていた。先ほどの人に聞いたとおり、1時間ほどで終点に到着。いや〜、結局5時間ぐらい掛かったなぁ…。腰と尻が猛烈に痛い……。


 バスを降りると、もう辺りは真っ暗だ。田舎とは聞いていたが、さほど土臭さは感じない。仁川空港に着いた時は、まだ緊張感が続いていたため、韓国に来た〜!という実感も少しくらいしか無かったが、今はようやく出てきた。何だか感動が湧き上がってくる。でも、ゆったり感傷に浸っている時間も無いようなので、目の前の駅名にもなっているコアホテルへ。そこの公衆電話を使い、nabeさんに電話。私の宿泊予定の『スマンモテル』というビジネスホテル兼ラブホテルは、ここからタクシーで5〜6分の所にあるらしい。『ウェンギ』という、全州でも有名な食堂から近いそうなので、その店名をタクシーの運転手に告げれば大丈夫と教えてくれた。



 ホテルを出て大通りへ。走っているタクシーがいたので、つかまえて乗り込む。運転手さんに「ウェンギッカジ プタカムニダ(ウェンギまでお願いします)」と言うと、「ン? アァ?」と要領を得ない返事が。「ウェンギ ウェンギ!」とまくしたてると、とりあえず走り出した。大丈夫かなぁ…と思いつつも、まあ何とかなるだろうと余裕ぶってみた。車が止まる。運転手が左手を指差す。おおっ『ウェンギ』と書いてある食堂が! ちゃんと着いたようだ。ふと前方を見ると、コチラに向かって歩いてくるnabeさんの姿が!! 運転手にお金を払う。初乗り1500ウォンで来れた。


 無事、nabeさんと合流を果たす。いやぁ〜、コレで本当に安心だ〜。と思ったら、どっと疲れが出てきた。飛行機の時間は2時間くらいとはいえ、朝8時くらいに家を出て、今はもう22時くらいを回っている。そりゃあ疲れるだろうな。


 『ウェンギ』の前にいるというコトもあって、早速この店に入ってみるコトにした。記念すべき初の本場韓国料理!ってなワケだ。


--------------------------------------------------------------------------------

『ウェンギ』コンナムルクッパ(4000ウォン)


■全州を代表する名物料理!


CA260863.jpg


 店内はかなり広いようで、昔ながらの大食堂といった雰囲気。テーブル席のみで、木のテーブルとイスが温かみを感じる。5〜6人のアジュンマ(おばさん)たちが、忙しそうに動いている。すでに22時を回っているが、かなりの客が入っていた。金曜日というコトもあってか、夜はこれからなのだろう。


 同店は『コンナムルクッパ』(4000ウォン)の専門店。全州といえば『全州ビビンバ』が有名だが、実はもう1つ名物がある。それがこの『コンナムルクッパ』なのだ。コンナムルとは『もやしのナムル』のコト。全州の人たちに何が名物か?と聞けば、多くの人が間違い無くこの料理を上げると言われているほどだ。



CA260861.jpg


 早速、2人分を注文。すぐにパンチャン(おかず)と共に『コンナムルクッパ』が運ばれて来た。おかずはキムチ、カクテキ、イカの塩辛っぽい食感のキムチ(?)。とりあえずキムチをいただく。…ん〜、辛味よりも酸味の方が若干強めなのかな。ただ、酸っぱいだけではなく、ヤンニョムの複雑な味が絡み合っていてウマい! 日本人は酸味が控えめな方が好みな気がするが、韓国人は辛さはもちろん、酸味が強めな方が好きみたいだね。


 そして半熟卵も付いてくる。メインを食べる前に、コレをグチャグチャかき混ぜて食べるのがセオリーなんだとか。胃に膜をはるって意味で食べるとのコト。若干の塩味が効いている。卵は好きなので結構ウレシイ。



CA260862.jpg


 そしてメイン。おかずと一緒に出されたアミ塩で塩分を調節。そして大量の韓国焼き海苔を手で豪快にちぎり、メインに入れる。焼き海苔は入れ放題だ(笑)。ご飯も入れて、チャルモッケッスムニダ(いただきます)。いや〜しかし、もやしがこれでもか!というぐらい入ってるなぁ〜。スープは塩ベースのシンプル系。アッサリした感じなので、二日酔いにもイイんだそうだ。同店は24時間営業なので、飲んだ帰りの早朝も、客で賑わうようである。


 ご飯はもちろんお代わり自由。調子に乗ってたくさんご飯を入れて食べたので、韓国に来て早々、満腹になってしまった。いやぁ、ホントに食った食った。値段は4000ウォン、つまり日本円で400円。こりゃあ驚きだね。大久保慣れしてしまうと、どうにも値段の感覚が馬鹿になってしまうようで、ひたすら安い安い!と大騒ぎしてしまった。



 店のアジュンマたちは、とにかくみんなニコニコしていて愛想がイイ。アットホームな雰囲気がなかなか気に入った。全州を代表する料理『コンナムルクッパ』専門で、しかも同エリア屈指の有名人気店の同店。ぜひ全州を訪れたなら1度は行っておくべき店だろう。



●食べた料理●
『コンナムルクッパ』4000ウォン



●お店DATA●
■店名/『ウェンギ』
■営業時間/24時間
■定休日/無休
■TEL/063-287-6979、063-231-1783



--------------------------------------------------------------------------------
●全州旅行お役立ちサイト●

■『全州へ行こうよ!
記事中にも登場した、私の韓国の師匠nabeさんが運営するサイト『ナグネな気分…』内にある、全州ガイドコンテンツ。全州をココまで詳しく紹介しているのは、ネット・紙媒体中どこを探しても、おそらくこのサイトだけだろう。

全州に関する基礎知識、地理なども、このサイトを見ればよく分かるハズ。私が書いた記事では、その辺をバッサリ割愛してしまっているので、詳しい情報はぜひコチラを参照していただきたい。

■『全州市公式サイト
名前通り、全州市が運営する市の公式サイト。当然ながら全てハングル。ハングルが苦手という人は、翻訳サイトなどを使って見て欲しい。


この記事へのコメント
うわあ どきどき感がつたわってくるよおお。
バスの運転士さんあたりとか、超うけてしまった。いやあ それにしてもまじうまそおですね。
私も日本人だな。明らかに。酸味より辛味が強いほうが好きだもの。第二弾も楽しみにしてます。
Posted by るり at 2005年10月07日 07:29
レポ、待ってました〜!
いきなり旨そうなものだぁ、今後のレポ更新ごとにたまらなくなりそうです。nabeさんの全州ガイドも読みふけってしまいました!これからこのすごいコンビで旅の幕開けなのですか?読んでいて思わず、初一人旅した時のことを色々重ねてしまいました。ドキドキ。
Posted by manicmonday at 2005年10月07日 08:26
>>るりさん
運転手さんは一見ガタイがよくて、
若干コワモテ感がありましたが、
話し方はかなり気さくな下町系でした。

しばらく向こうで酸味強めのキムチを食べていたら、
意外に慣れてきて、アリだなぁと思えるようになってきたかも^^

次回もお楽しみに♪

>>manicmondayさん
いやぁ、お待たせしました〜。
nabeさんの『全州へ行こうよ!』は
右に出るものナシの全州ガイドですよ。
ソウル・釜山のガイドブックなどは探せばありますが、
全州はまず無いと思います。

食い倒れ寸前(笑)まで食べてきたので、
楽しみにしていてください^^
Posted by マサト at 2005年10月07日 12:47
おかえりなさい!無事のご帰国なによりです^^

もう〜マサトさん!文章面白すぎです!!
会社でこっそり読んでいる私は何度も机にひれ伏してぷるぷる震えながら読みました^0^
家で読んでたら爆笑間違いなし!
出国審査で韓国アジュンマと戦うマサトさんがあまりにも面白くて思い出し笑いして仕事にならないわ!どうしてくれるんですか!?(爆笑)
(と、マサトさんに言ってどうするんだ すいません^^;)

コンナムルクッパ初めて聞きました。おいしそうですね〜
今後の面白珍道中(勝手に名前つけてすいません)楽しみです^0^


Posted by きょんじゃ at 2005年10月07日 16:02
おかえりなさい。ご無事でなによりです。
更新が待ち遠しかったです。自分事ですが・・・
私はオーソドックスにソウルですが、
今年の3月に訪韓しました。(空港も金浦でした)
そして9月から韓国語を習い始めました。
全州・・・そそられる場所ですね〜♪
第二弾!楽しみです!!!
Posted by クルタレ♪ at 2005年10月07日 18:43
>>きょんじゃさん
おお、そんなにウケていただけると、
書いたかいがあるってもんです^^
アジュンマとの戦いは、書いたとおりの緊迫ムードで、
向こうが1歩足を出せば、コチラが体の角度を変えて牽制。
縄張り争いのような、一進一退の攻防を繰り広げてましたよ^^;

コンナムルクッパ、こっちでも食べれる店あるとイイのになぁ。
大久保で探してみようっと。

きょんじゃさんの日記も、毎日チェックしてますよ。
ヨンソップさんの人柄が素敵です。

>>クルタレ♪さん
どうもこんにちは。
更新遅くなって申し訳ないです。
今年の3月にソウルに行かれたんですか〜。
私も1度は行ってみたいなぁ。

やはり市場は外せないですかね。
屋台なども気になります。

韓国語も勉強されてるんですね。
旅行行くと、語学のモチベーションも
グンと上がりますよね♪

第2回も楽しみにしててください。
Posted by マサト at 2005年10月07日 21:24
おかえりなさいませ!
無事でなによりですな。なかなか濃厚なレポ、楽しみにしていた甲斐があります。
第二回もテンションキープしたままよろしくお願いします!!!
Posted by nonch at 2005年10月08日 08:54
先日、トラックバックさせてもらいましたKanaです!。あれからときどき読ませてもらってますが、韓国行かれたんですね!!

 いいなー。私はまだソウルにしか行ったことがなくって、今度は全州とか慶州のほうに行きたい
と思ってます。
 第2弾レポート楽しみにしてますね〜。
 
Posted by Kana at 2005年10月08日 19:55
マサト様☆mixiから来ました^^
お帰りなさい〜レポ楽しみにしてただけあって
とっても充実してますね!!
また遊びに来ますね
Posted by mari at 2005年10月11日 01:52
>>nonchさん
どうも、ただいまです。
2発目もアップしたので、
ぜひ見てください^^

>>Kanaさん
こんにちは。
行ってきましたよ^^
私は次の韓国旅行も、
また全州に行きたい!と思えるほど
好きになれました♪

>>mariさん
どうもこんにちは〜。
サイワールドやってるんですね。
サイの方にも写真アップしてみようかな。
Posted by マサト at 2005年10月11日 10:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。