2005年10月22日

『マシッソヨ! 大久保 韓国ランチ』【番外】韓国旅行編



■食の都 全州グルメ紀行 〜6〜 【3日目】
 『古新(コシン)』モグァ茶



 2005年10月2日、日曜日。私の韓国旅行も、いよいよ事実上の最終日を迎えた。3泊4日の旅ではあるが、4日目に乗る飛行機は11時。そのため、全州(チョンジュ)を早朝5時ごろに出発しなければならない。4日目は特に何も行動できそうも無いのである。


 昨日あれだけ動き回ってヘトヘトになってしまったが、やはり今日も早くに目が覚めてしまった。今日の予定はかなり濃密で、午後一番で『トッカルビ(餅カルビ)』というものを食べに行き、その後に『ハンジョンシク(韓定食)』という伝統的な食事を楽しむ予定になっている。食事と食事の間隔も短いため、胃袋の限界を超えるコトは必至だ。



 時間はまだ朝の9時。ヤンさんとは11時ごろに会う約束になっている。nabeさんと落ち合い、時間があるので伝統茶の店を散策するコトにした。もうすっかり馴染んできた韓屋村(ハノンマウル)へ。


 やはり天気はあまりよくなかったが、雨は止んでいた。時折、晴れ間も見せる。間抜けなコトに、昨日『Eマート』で買った折りたたみ傘は持って来なかった…。ま、何とかなるでしょ! 韓屋村をぶらついていると、実にいろんな伝統茶屋を見かける。韓屋タイプの伝統茶屋がほとんどではあるが、なかには日本でいう純喫茶タイプの店もあったりする。


 一軒、よさそうな店を発見。『古新(コシン)』という伝統茶屋だ。外から見た雰囲気がとてもよさげだったので、中に入ってみるコトにした。



--------------------------------------------------------------------------------

『古新(コシン)』モグァ茶(5000ウォン)約500円


■オープンテラスもある伝統茶屋


 昨日、韓屋村を歩き回っていた時、何度か同店の前を通っていた。オープンテラスで優雅にお茶を飲んでいる客たちが印象的で、気になっていた店だったのだ。ただ、ちょっと天気があまりよくなかったので、今回は店内で飲むコトに。次回、訪れた時に晴れていたら、ぜひまた来たいなぁ。



古新、店内


古新、店内


古新、店内


 でも、店内の雰囲気もなかなかのモノ。私たちが着いた席には、手水鉢とは違うんだろうけど、花が浮いた鉢があったりと心を和ませてくれる。私は『モグァ茶(花梨茶)』5000ウォン(約500円)を注文。



古新、モグァ茶


 花梨というだけあって、甘く喉に優しそうなお味。ほのかにリンゴの香りがする。一緒に付いてきた豆菓子をボリボリかじりながら、ボ〜ッと外を眺めてまどろむ。お茶タイム、何だかヤミツキになっちゃいそうだ。


 全体的に雰囲気がとてもお洒落なので、カップルなどデート客にも最適な店かも。お腹イッパイにご飯を食べた後、まったりしたい時なんかにもオススメだと思う。



●注文したメニュー●
『モグァ茶(花梨茶)』5000ウォン(約500円)



●お店DATA●
■店名/『古新(コシン)』
■住所/全州市完山区校洞71-4
■TEL/063-232-8922



--------------------------------------------------------------------------------

 『古新』を出る。ヤンさんと落ち合うため、韓屋村内の観光課に行く。今日の予定などを話し合う。12時に『国一トッカルビ(クギル トッカルビ)』という店で、最初に書いた通り『トッカルビ(餅カルビ)』を食べる予定となっている。


 昨日、屋台で買ったポンポン菓子、結局食べきれなかった。nabeさんが「ヤンさんはそのお菓子大好きよ」とのコトだったので、ヤンさんにあげてみた。それを見て、苦笑。ヤンさんは駄菓子が意外に好みなんだとか。


 約束の時間も近づいていたので、ヤンさんの車に乗り込み、とりあえず『国一トッカルビ』へ。『トッカルビ(餅カルビ)』に関しての説明は後ほどするが、メインの美味しさはもちろんのコト、おかずの量もスゴイんだとか。お腹も空いていたので、こりゃあ楽しみだなぁ。



--------------------------------------------------------------------------------

●全州旅行お役立ちサイト●

■『全州へ行こうよ!
記事中にも登場した、私の韓国の師匠nabeさんが運営するサイト『ナグネな気分…』内にある、全州ガイドコンテンツ。全州をココまで詳しく紹介しているのは、ネット・紙媒体中どこを探しても、おそらくこのサイトだけだろう。

全州に関する基礎知識、地理なども、このサイトを見ればよく分かるハズ。私が書いた記事では、その辺をバッサリ割愛してしまっているので、詳しい情報はぜひコチラを参照していただきたい。

■『全州市公式サイト
名前通り、全州市が運営する市の公式サイト。当然ながら全てハングル。ハングルが苦手という人は、翻訳サイトなどを使って見て欲しい。



この記事へのコメント
全州のお茶屋さん、みんなステキですね〜☆
うっとりしちゃいます〜♪
Posted by ポジャギ at 2005年11月04日 05:21
>>ポジャギさん
つい長居したくなるような
店ばかりでしたよ^^
Posted by マサト at 2005年11月04日 12:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。